SBIソーシャルレンディングに50万投資!【大学職員の投資】







2018年も楽しく投資しておりましたが、2019年度もさっそく投資します!

新年早々、いい案件が登場してますね。

メジャーな投資手法である投資信託については、引き続き「毎日積立」(これも近いうちに記事にします!)をしておりますが、意外と知られていないソーシャルレンディングにも力を入れているんです。

既に700万円以上投資をしていますが、改めてご紹介したいと思います!

【関連記事】
大学職員の投資について考える【基礎編】
大学職員の貯金額を暴露【2018年12月】







■そもそもソーシャルレンディングとは?

そもそもソーシャルレンディングとは何かと申しますと、「お金を必要とする人に、お金に余裕がある人がお金を貸すサービス」です。

投資商品のように扱われますが、どちらかといえば、融資に近いですね。

お金を貸すわけですから、期日になったら利息と共に返済してもらうことができます

イメージとしては、こんな感じです。

・100万円を年利6%で1年間貸す
      ↓
毎月5000円の利息をゲット(わかりやすいように、税金等は考慮していません)
      ↓
・1年後、100万円が戻ってくる(1年間で100万円が合計106万になって帰ってきた!)
ただ、冷静に考えて、見ず知らずの人にお金を貸すなんて怖くてできませんよね。
返済してくれるかわからないですし、返済できるのかもわかりません・・・

そこで、ソーシャルレンディングを請け負う企業を介してこれらの取引が行われます

つまり、企業がお金を借りる人をしっかりと審査し、貸しても大丈夫かどうかをプロの目でチェックしてくれるのです。

また、貸したお金の回収も全て企業が担当してくれますので、我々は企業が提供してくれる情報を元に、投資(融資)をするかを検討し、納得できたら、資金を振り込むだけで投資が完了となります。(まぁ、その分企業に手数料を少し取られてしまうわけですが・・・)

わかりづらいかもしれませんので、ソーシャルレンディング企業の大手、SBIソーシャルレンディング の図解も載せておきますね。

写真 2019-01-30 23 07 53

写真 2019-01-30 23 08 00

写真 2019-01-30 23 08 09

ちなみに、ソーシャルレンディングのいいところは以下の通りですね。

1.元本の金額に変動がない

まず、ソーシャルレンディングは株やFX等と異なり、日々金額が変動するようなものではありません。

社債なんかもそうですが、これは投資初心者にとっては非常に安心できる話です。

株なんかは、投資した次の日に価格が暴落してしまったりしますよね・・・。

一方、値段に変動がないソーシャルレンディングは、返済期日をひたすら待っていればいいのです。

忙しい方でも価格の変動にビクビクする必要もなく放置プレーで投資できるのは大きなメリットですね。

2.担保により、安心して投資できる

既に述べたように、ソーシャルレンディングは「融資」ですので、お金を貸して、利息と共に返してもらえるかが最大にして唯一のポイントになります。

ただし、これは簡単にわかるものではないですし、当然ながら絶対はありません・・・

そこで最悪のケース、つまり、返済されなかった時のことも考えておく必要があるわけです。
そして、返済できなかった時のことを考えた際に大きな安心材料となるのが担保です。

一般的な担保としては不動産が挙げられますが、ソーシャルレンディングでは、とんどの場合においてこの担保が設定されています

これにより、返済が予定通り実施されなかった場合でも、担保を売却することによって元本を回収できる可能性が高まるのです。

こういった保証があるかどうかで安心感は雲泥の差ですよね。

このように、元本金額の変動に惑わされることなく、担保の価値を信じつつひたすら放置プレーで投資できるソーシャルレンディングは、私のような投資初心者にも優しい商品なので、積極的に投資しているわけです。

個人的には、社債の延長線上にある金融商品だと捉えていますね。
値動きがない分、投資信託より初心者向けだと思います。








SBIソーシャルレンディングを選んだ理由

ソーシャルレンディングを扱っている企業は最近、どんどん増えています。
新しいサービスだけに、まだまだどの企業が良いのか変動が大きい業界だと思いますね。

私自身、色々なサービス・業者を見ていますが、今のところ最も信頼しているのはSBIソーシャルレンディングです。

理由は以下の通りです。

1.業界随一の規模と知名度

ミーハーで恐縮ですが、やはり規模や知名度は有力な判断材料になっています。
特にソーシャルレンディングのような比較的新しいサービスの場合は、大きな安心材料になりますよね。

SBIソーシャルレンディングは、その名の通りSBIグループの企業ですし、業界内でも老舗です。
利用者も多く、まず最初に使ってみるという点で、信頼感がありました。

2.少額から始められる

SBIソーシャルレンディングに限らず、ソーシャルレンディングの特徴でもあるのですが、少額からでも投資できる点が始める際は大きなメリットとなりました。

いきなり高額な投資をするのは、誰でも怖いですよね。

気軽な気持ちで少額を投資できるのは、初心者にとって大変ありがたいことですね。

ちなみに、SBIソーシャルレンディング1万円から投資可能です。

.毎月分配で振込手数料等がかからない

良いか悪いかは別として、SBIソーシャルレンディング分配金(利息)が毎月振り込まれます

投資信託や社債ですと、分配金は半年から1年に1回とかで、お金が増えている(もらえる)実感が湧きづらいです。
そうすると、ただリスクを取っているだけで、投資の面白さを感じにくいんですよね。

その点、毎月分配金がもらえると、毎月の収入がコツコツ増えていく感覚があって非常に楽しいです。
この感覚が初心者が投資に対するモチベーションを上げるのに非常に有効だと思いますね。

私も毎月1~3万程度がコンスタントに振り込まれており、確認するのが毎月のプチ楽しみになっています 笑

また、毎月分配金がある場合の懸念点はコストがかさむことですが、SBIソーシャルレンディングの場合、特に振込手数料等もかかりませんし、デメリットなしで分配金を受け取ることができます。

ソーシャルレンディングを扱う企業にはそれぞれ特徴があり、一長一短かと思いますが、私は上記理由から、SBIソーシャルレンディングを利用しています。

ユーザーインターフェイスがイマイチとか言われているみたいですが、初心者が利用する際に最も重要な安心感・低コストという面では間違いなく有力候補だと考えています。

■SBISL不動産担保ローン事業者ファンドを選択した理由

そして、具体的な案件ですが、今回は、「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」という商品に50万円投資しました!

こちらの商品に投資を決めた理由は以下の通りです。

1.不動産担保付きである

まずは基本ですが、不動産が担保になっていた点がポイントでした。

不動産であれば、万が一のことがあっても、ある程度資金を回収できると思いますし、担保価格の70%を上限に資金を貸し出しているということでしたので、それほど危険な案件ではないと判断しました。

2.短期間の投資である

ソーシャルレンディングに投資する場合、もうひとつ重要になるのは、投資期間です。

株と異なり、途中で売却することが原則できず、基本的には満期まで保有することになるので、あまりに期間が長いものは慎重になる必要があります。

今回の場合、12ヶ月と比較的短期間の案件でしたので、投資を決めました。

3.利率が悪くない

今回の商品の利率は年利6.5%でした。
これは正直なところもう少し欲しかったです・・・ 笑

しかし、社債等を含め、これ以上の利率となると商品的にも限られますし、現在の低金利だとこれでも十分だと思い直し、投資をすることにしました。

なお、最近は毎月2,3件募集がかかるので、もっと利率の良い商品が登場することを予想し、投資額は50万に留めました。

4.申込締切に間に合った 笑

ちょっとネタみたいですが、実はこれも重要な要素でした。

というのも、SBIソーシャルレンディングの各案件は人気すぎて、募集が瞬殺で締め切られてしまうことが多々あるのです。

私自身、投資したい案件があっても、間に合わず、投資チャンスを逃すことがこれまでも多数ありました・・・

その点、今回は合計15億円の募集という大型案件でしたので、何とか申し込むことができましたね。
最近は毎月SBIソーシャルレンディングに投資をしていますが、1月も何とか1件確保することができました。

以上の理由で、「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」に何とか投資することができましたので、来月以降の分配金(利息)を楽しみにしたいと思います!

■2019年もガンガン投資して、お金を増やします!

今回は1月に投資した案件の1つ、「SBIソーシャルレンディング」をご紹介致しました。

貯金額を暴露の記事でも書きましたが、最近はソーシャルレンディングにハマってるんですよね。

時間にゆとりのある大学職員とはいえ、ずっと投資のことを考えているほどの時間はないですし、そんなことはさすがにしたくないです・・・

その意味で、投資を決める際に慎重に考える必要はありますが、投資後はじっくりと待っているだけで済むソーシャルレンディングは私向きの投資方法なんですよね。

私は社債投資から始めて、株とかを通り越してソーシャルレンディングに進んでいった珍しいタイプかもしれませんが、低リスク商品への投資に慣れてきた方のステップアップに最適だと感じております!

なお、ソーシャルレンディングの案件は常に募集がかかっているわけではありません
また、先ほど記載したように、募集を開始すると、あっという間に埋まってしまうのです・・・

実は1月にもう一つ募集がかかっていたのですが、見事に玉砕しました 笑

ただ、少なくとも昨年は毎月何件か募集がかかっていたので、今のうちに口座開設をすれば、2月以降の案件にチャレンジするチャンスがすぐにやってくるでしょう。

なお、ソーシャルレンディングを怪しい投資だと思ったそこのあなた!
遅れてますよ! 笑

私に説得する力はないかもしれませんが、是非ソーシャルレンディングについて興味を持ち、いろいろ調べてみて欲しいと思います。

意外とメジャーになりつつあって、意外なほど手軽でチャンスのある投資だとわかっていただけると思います。

また新しい案件が登場したら、記事にしますね!

■現在のメイン投資先!SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング





スポンサーリンク
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!