【締切6月22日】採用情報:学校法人実践女子学園

法人名:学校法人実践女子学園
掲載サイト:マイナビ転職
年齢制限:35才以下(第二新卒歓迎)
募集分野:事務系総合職(特定なし)
採用人数:若干名
土曜勤務:あり(週休二日制)
特徴:複数勤務地、短大卒応募可

将来性:☆☆
給与:☆☆☆
休暇:☆☆
難易度:☆☆
おすすめ度:☆☆
———————————————————————

実践女子大学の中途採用になります。

募集要項上は、35歳以下の募集となっています。多少の前後は許されると思われますが、オーバーの場合、年収ダウンの可能性もありますので、注意して下さい。
特に職種を絞った採用では無いので、自身の得意分野をうまく活かせるよう説明できれば、誰でも採用可能性はあります。

なお、土曜勤務が終日というのも若干痛いですね・・・。土曜は勤務があっても半日という大学が多いですが、こちらは終日勤務する代わりに、平日で1日代休を取得するようです。
それにしても、女子大の将来性はどうなんですかね。共学化でもすればまた違うと思われますが、今後の動向に注意する必要がありそうです。一方、短大卒でも受験できるのはなかなかないポイントですね。短大卒で他業種からの転職をお考えの方は迷わず応募すべきと思います。

また、「学校は安定的だからという安易な考え方で応募しないでください」とはまた強気ですね 笑
それはそれで大きな魅力ですし、責任を果たせる優秀な方であれば、それ目的でもよいと個人的には思っています。

■対策!

1.書類審査

まず、求める人材として、「語学力があるとなお可」ということですので、自身のある方や海外経験のある方は存分にアピールしてください。
また、職務経歴書はA41枚にまとめることになっておりますので、特に職歴が豊富な方は自身のアピールポイントにつながる内容を中心に取捨選択しながらまとめるようにするとよいと思われます。
意外と多いんです。ただひたすらやってきたことを列挙する方。
どんなに詳細に書いていたとしても、それが新たな職場でどう役立つのかが明確に伝わらなければ意味がありません。

2.筆記試験

書類選考後に行われるようです。何が使われるのかはわかりませんが、SPIや作文など、一般的な対策をしておけば安心だと思われます。
筆記試験と同日に面接が行われるようですので、面接で絞り切れなかった場合に筆記の点が使われる程度ではないでしょうか。

3.面接

回数は3回で、1回目が集団面接となっています。
既卒採用で集団面接とはなかなか問題のあるやり方をしますね。
競合他社の方がいるかもしれない状況では話せない内容等もあると思いますし、双方にとって望ましいとは思えません。(そんなこと言ってもしょうがないですが・・・)
とはいえ、1回目の集団面接の突破がポイントになると思いますので、よく対策を考えておきましょう。まず、集団の場合、比較対象があるため、動作・態度等の印象が大きく影響してしまいます。基本的なマナー等でイメージを落とさぬよう気をつけてください。また、話す長さ等にも気をつけ、協調性もアピールできるとなおよいと思います。(一人だけ延々と話したりすると、印象が悪いです。)
当たり前のことばかりで恐縮ですが、内容以外で落ちるのは悔しいと思いますので、念のためお伝えしておきます。

・面接対策

■情報収集が命!大学職員志望者必須!10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ 

■困ったらプロに頼りましょう!
   

■就活に疲れた貴方には以下の記事をお勧めいたします 笑

就活しながら焼肉がタダで食べられる時代

Advertisement
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!