【締切2018年10月11日】採用情報:学校法人西南学院(西南学院大学)








法人名:学校法人西南学院
掲載サイト:マイナビ転職
年齢制限:なし
募集形態:事務系総合職(職種限定なし)
採用人数:5名

土曜勤務:なし
ボーナス:年2回(実績:年間5.3ヶ月)

将来性:☆
給与:☆

休暇:☆
難易度:☆
おすすめ度:☆
———————————————————————







西南学院大学の中途採用になります。

まず、募集要項上、年齢制限は特にありません。
求める人材等に見合う方であれば、どなたでも応募可能だと思われます。
福岡に縁があったり、福岡で働きたい方にはぜひオススメしたい案件です。

また、事務系総合職なので、職種の限定は特にありません。
自身の経験とうまく関連づければ誰でも採用される可能性はあると予想します。

九州では有名な大学ですし、比較的大きな大学ですので、人気も結構ありそうです。
地方大学(福岡を地方というのは違うかもしれませんが)にしては、高倍率になりそうな気がしますね。

厳しい戦いが予想されますが、5名採用の大型案件ですし、調べてみると結構いい大学ですので、ぜひ狙っていただきたいです。

下記をよく読んで、是非参考にしてみてください!

■大学概要

西南学院大学は、1916年創立の歴史ある大学です。2016年に創立100周年を迎えました。

旧制中学校(現在の高等学校)を起源にしており、2016年の創立100周年に合わせて?、小学校も開校し、福岡県の総合学園として地位をさらに強めている印象です。

意外と知りませんでしたが、キリスト教系の大学なんですね。
建学の精神もストレートに、”キリストに忠実なれ” 笑

全ての学校が福岡県にあり、地域密着型の学校法人です。


学部については文系学部のみで構成されています。無難な学部が多いですが、神学部があるのは特徴的ですね。
理系の学部がないという点で総合大学としての地位は多少下がりますが、7学部もありますからね。
九州にあるということを考えたら、やはり存在感はあります。

ちなみに、学生数は8300人前後です。中規模大学という感じでしょうか。


偏差値的にも、九州ではなかなか上位ですし、結構うまくいっている大学なんですね。

募集要項では以下のような事が書かれています。

・学校で活かせる専門分野がある。(業種職種等不問)

具体的には、企画、広報、統計、財務、会計、法務、人事、情報処理、教育、語学と挙げられていますが、結局何でもありなんでしょう。笑

中途採用ですが、何となく新卒採用に近い感じですよね。

現在の専門性も必要ですが、それ以上に、ポテンシャル採用な気がします。
5名採用枠がありますし、これといって特化したスキルを持っていない方(ずっと地道に事務職をやってきた方等)でもアピールの仕方次第では、合格できるかもしれません。

あとは一応、”国際社会に奉仕する創造的な人材の育成”をうたっていますので、グローバルな要素も盛り込むことができれば、多少有利にはなるかもしれません。
(外国語を使って業務を行った経験、TOEIC、留学経験等)

募集要項を読んだ限り、欲しい人材がそれほど明確ではないように見えましたので、今回はあまり意識しなくてもいいかもしれません。







■求める人材

気になる待遇についてです!

給与は平均程度はあると思われます。
記載によると、大卒初任給が21万強で、モデル月給は25歳で243.318円、30歳で297,500円と平均ぐらいですし、ボーナスも年間5.3ヶ月あります。

また、西南学院大学は結構様々な手当が公開されていまして、住宅手当は賃貸で2.8万、自己所有だと1.4万とのことです。
その他、扶養手当は、配偶者が1.65万円、子供が6千円となっています。

情報公開に積極的な大学はそれだけで信頼感がありますね!

なお、休みについては情報が少ないのですが、キリスト教系ということで、クリスマスは休みですし、長さこそ不明ですが、夏休み、年末年始の休みもあります。
どうみるかは人それぞれですが、土曜日勤務はなしです。

幼稚園から大学まで学校を有しているので、その中での異動はありますが、全て福岡県ということで、転居を伴う転勤がないという点も魅力の1つですね。

■待遇

1.書類審査

マイナビ転職の応募フォームから申し込んだ後、以下の応募書類を郵送する形式です。

・履歴書(書式指定)
・卒業証明書
・職務経歴書

まず履歴書ですが、こちらはエントリーしないと内容が見れないものでした・・・
無難な内容であることを祈ります・・・
過去のデータを見ますと、志望動機等を結構しっかり書かせるようです。

そして意外と気をつけて欲しいのが卒業証明書ですね。
母校に依頼することになりますが、少々時間を要することもありますので、忙しい方ほど早めに用意することを忘れずに!

最後に職務経歴書ですが、こちらは任意形式ですので、これまで作ったものがあれば、それをうまく使い回しつつ、効率的に作成してください。
最低限、A4用紙1枚で作成する、職歴では、時期だけでなく、雇用形態も明記するといった独自ルールは外さないようにしましょう。

各項目の書き方・コツについては、こちらの記事を参考にしてください!

書類の見栄えも極めて重要です。エントリーシートは1枚につき数秒から数十秒しか見られないという話がありますが、パッと見で瞬間的に内容がわかるぐらいの見栄えが理想です。

書類等については、内容だけでなく、書き方にもこだわったほうが良いと思います。

具体的な書き方等は下記の書籍等も参考にしてください。
(素晴らしく見栄えがよくなりますよ!)

・基本を学ぶならおすすめ!

・実例満載!真似するだけで書ける!

2.筆記試験

募集要項上、適性試験として、テストセンターでの試験があるようです。

待遇に続き、試験内容も情報公開してくれて、本当に素晴らしいです。

テストセンターといっても、最近はリクルート社が管理しているSPI系のテストセンターだけではなく、他社のテストセンターもあると聞いていますが、そこまで疑っても仕方がありません。
ここは、無難にSPIだと信じたいと思います 笑

一方、試験内容がわかっているということは、みんなある程度は対策をしますので、ハイレベルな戦いになる可能性は高いです。倍率も高そうですし、いつも以上に十分な対策をした方がいいでしょう。

とにかく、まずは手頃な参考書でSPI系の勉強をして、時間があれば、小論文の対策もしておけば完全です。

今回は恐らく小論文の対策までは不要ですが、論理的な文章をかけるようになることで、面接の対策にもなりますよ。

とにかく、簡単な問題を取りこぼさないようにするというスタンスでいきましょう!

筆記試験対策の詳細については、こちらの記事を参考にしてくださいね!

大学職員の筆記試験対策

筆記試験はとにかく勉強あるのみです!以下の参考書もオススメです!

・転職者用SPI対策の定番!

・作文・小論文対策はこれだけでOK!

3.面接

面接は計3回程度実施される予定です。

倍率の高さを見込んで、段階的に絞っていく感じでしょう。
ちなみに、全て個人面接のようですね。

徐々に面接官の立場が上がっていくイメージだと思いますので、序盤は親しみやすさ、終盤は誠実さのように、相手に合わせた雰囲気・キャラ設定を目指しましょう。

面接内容は書類審査で書いたことが基本になると思われます。
それと話す内容で矛盾がないようにし、書き足りなかったことや、さらにアピールしたい部分があれば、それを追加するイメージでいきましょう。

なお、今回の面接で一番怖いのは、1次面接と同日に行われる”個人ワーク”でしょうか。
個人ワークっていったい・・・・・
グループワークでもないですし、個人で何をやらされるのか・・・
単純な能力テスト(クレペリンとか、注意力判断テストとか)だったらまだいいですが、特殊な試験だったら、怖いですね。
まぁ、条件はみなさん一緒ですので、落ち着いて対処してください 笑

最後に1つ。宗教系の大学は理念への理解を試されることが多々あります。
建学の理念、大学の使命といった情報がHP等にもありましたので、一通り読んでから面接に望むと安心だと思います。

なお、当たり前ですが、どんなに優れた人材でも面接での印象が悪いと確実に落ちます。
基本的なルール等はしっかりと守ってくださいね!

・転職面接対策におすすめ!


・面接官の気持ちを理解して、一歩リード


西南学院大学。
九州以外の方にとってはそれほどメジャーではないと思いますが、経営的にも、採用活動に関するスタンス(情報公開等)もなかなかいいですね。

倍率は高そうですが、5名採用はなかなかないです!

九州にお住いの方は特に、お見逃しなく!




■情報収集が命!大学職員志望者必須!10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ 

Advertisement
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!