明治薬科大学の大学職員採用(中途)について:メッセージへの回答




■明治薬科大学の求人(中途)についてメッセージを頂きました!

メッセージを頂けると、実は非常にうれしいものです。
(ブロガー冥利に尽きますね)

もちろんスパム的なものには一切返信しませんが、困っている方がいれば是非質問には答えていきたいと思っています。

皆様も何かあれば、どんどんご連絡くださいね!
体力の続く限りは、何らかのリアクションをさせて頂きます。
(さばききれなくなったら、ごめんなさい・・・。)

なお、一般的な質問については、以下の記事が参考になると思いますので、合わせてご覧ください。

■大学職員の筆記試験対策シリーズ
大学職員の筆記試験対策 

■大学職員の面接対策シリーズ
大学職員の面接対策【基礎編】 
大学職員の面接対策【質問集】

それでは、今回頂いた質問にいきたいと思います!






■ネットの情報だけでは信憑性が不明です・・・

まず前置きですが、口コミサイトやネットの情報は信憑性が不明なので、今回私にご質問頂いたとのことです。
私もネット情報の一部ではありますが、信頼して頂いて本当にありがとうございます。

ご指摘の通り、ネット上には嘘と思われる情報もあります。

特に厄介なのは、応募するライバルを減らそうとする嘘ですね・・・。
そのため、大学職員の選考ついて情報交換している掲示板(2ちゃんねる、大学職員への道、みん就等)を過度に参考とするのは少々危険です。

よくある嘘の例が以下のようなものですね。

・通過の連絡が来ている・来ていない
・筆記試験は何が出た・やらなかった
・面接の形式・質問など
・待遇の良し悪し

上記質問に対して、悪意のある回答を流すことで、ライバルを減らしたり、揺さぶりをかける輩がいつの時代もいるわけです。

こういった嘘に騙されないためには、書き込みをする人の利害を考えるのが有効です。

例えば、面接で何を聞かれたのかという質問について回答する場合、本当に善意で答えてくれる人もいるのかもしれませんが、自身の転職がかかっている場面で「敵に塩を送るか?」と考えると、少々不安はありますよね。

よって、選考に関する情報については、応募者間の情報ではなく、現役大学職員の体験談など、応募に直接関係のない方の情報が信憑性は高いと思います。(当然ながら、私も応募者とは無関係です!)
応募者間の情報交換は、鮮度の高い情報が得られる可能性はありますが、話半分で聞いておいた方が無難ですね。

なお、口コミサイトは様々あります。

もちろん複数見るべきですし、私自身色々なサイトを参考にしてきましたが、こちらのサイトは登録制(無料)になっているため、情報の信憑性が高く、今のところ一番信頼しています。

企業口コミサイトキャリコネで転職 
  

なお、肝心の口コミは、これから応募する大学についてではなく、現職の方(退職者含む)が記載することになっていますので、余計な情報が混じることは少なくなっています。(嘘を書くメリットがないわけですね!)
この点こそ私が信頼を寄せている理由です。

私が登録したころよりだいぶ情報も増えているようですし、大学職員志望者は必須ですね。

■薬科大学は給料が安いというのは本当か?

当ブログでも、「医系大学の給料は安い」とお伝えしています。
大学職員の中では、確かにその事実はありますね。

その理由については、こちらの記事でも触れています。

2ちゃんねるの大学職員テンプレートを斬る(2)

なお、今回ご質問頂きました明治薬科大学についても個別に調べましたが、やはり、大学職員の平均は下回っていそうですね。(組合資料等参照)

ただ、転職者の場合、現在の給料と比べてみることが重要だと思います。
なぜなら、給料が低い低いと言っても、他の業界に比べたらはるかに高い場合が往々にしてあるからです。

質問者様が現在、どんな仕事をされているか定かではありませんが、募集要項の月給等を参考に、給料はどうなりそうか予想してみてください。

なお、大学職員の場合、月給が同じか、多少低いぐらいであっても、ボーナスや時間外手当を考慮すると給料アップになる可能性が高いので、それは考慮したほうがいいと思います。
(ボーナス多め、時間外手当完全支給の大学が多いです!)

あくまで予想ということでお許しいただきたいのですが、明治薬科大学の場合、40歳で年収650万は最低でも到達するだろうと考えます。

これをどうとらえるか。そこは皆さん次第です。






■土曜出勤は交代制が基本になるか?

これは難しい質問ですね・・・

明治薬科大学は第二土曜のみ休日で、その他の土曜日は原則出勤扱いとなっているようです。
そして、その原則出勤の土曜についても、交代で休めるかどうかという質問だと受け止めました。

実際、ここら辺は大学の差だけでなく、部署による差もあるんですよね。
例えば、入試課や学生支援系部署のように、土日のイベントが多いような部署ですと当然ながら土曜出勤の頻度は高くなりますし、法人系の部署ですと、土曜は最少人数で回していることもあります。

ですので、ご希望通り、常に交代制で休めるかどうかというと、なんとも言えませんね。

ただ、ご安心頂きたいのは、大学職員全般の話として、有給休暇はしっかりと認めてもらえる傾向がありますので、ある程度部署内の雰囲気をつかめて来たら、思い切って土曜日に有給申請をしてみてはいかがでしょうか?(いきなりは何かと避けた方がいいとは思いますが 笑)

もちろん業務に支障がなければ、平日に休みを取ることもできますので、うまくご自身の都合、体力に合わせられると思いますよ。

あと、これも現在どんなお仕事をされているかによりますが、体力面でいえば、大学職員の業務はそれほど負担ではないと個人的には思っています。

土曜勤務はどうしてもネガティブな印象があるみたいですが、すぐに慣れますよ!
そして、意外なほどメリットが多いのです。

土曜勤務が気になる方は、是非こちらをご覧ください。

大学職員の土曜出勤について【デメリット?】

■明治薬科大学の総合評価

今回質問を通じて取り上げた明治薬科大学ですが、薬学系ということで、現状、安定感は比較的高い大学だと感じます。
関東の薬科大学としては比較的有名ですし、悪くはありません。
(薬学部御三家?に入るとか入らないとか様々な議論はあるみたいですが 笑)

学部が2学部しかなく、あまり長期的なリスクヘッジができていないことや、先に述べた給料等の待遇をどう見るかによって、評価は分かれてくるのではないでしょうか。

ただ、医系、薬科系大学は求人も積極的に出している印象ですし、転職活動として見ると個人的には好感を持っています。

既に応募期間を過ぎている案件ですが、今後、薬学系大学を応募される方にも参考になれば幸いです。




Advertisement
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!